DODOMEKI。

胸がときめき驚きどどめき。

大人になった今こそアンパンマンだ!

f:id:kiyoym:20170810191731p:plain:w250

私結構いい歳なんですけど、児童向けアニメが大好きです。
児童向けアニメには色々考えさせられることが含まれていて、勉強になるんですよ。
「子供向けだから」と観ないのは勿体無い!
今まで私が見た中でオススメする児童向け「アンパンマン」を紹介します。

アンパンマンって?

いや名前くらい知ってんだろ。
日本国民の誰もが知り、一度は見たことのある作品だと思います。
児童向けというか小児向けだと思うんですけど、私は未だにTVアニメは時々録画して観るほどで劇場版は毎年親子に混じって映画館で鑑賞しています。
うるせえ独り身だ馬鹿野郎。
絵本作家やなせたかし氏の絵本が原作。
TVアニメは1988年から長年放送しています。
ストーリーは完璧な起承転結で纏められており、非常にわかりやすい。猿でもわかる物語。

アンパンマンばいきんまん

主人公のアンパンマンパン工場ジャムおじさんの作ったパンに、空から落ちてきたいのちの星が入り生まれました。
1話目観てください。めっちゃバブバブしてる。
最初は空を上手く飛べなかったんですよ。
後に人を助けたことでヒーローになる決意をします。

そんなアンパンマンに敵対心を持っている黴菌のばいきんまん
卵の状態でばいきん星からやって来ました。
自分の欲望のためだけに悪さを働きますが、根本的に正義の味方であるアンパンマンを倒すという使命があります。

我が愛しのばいきんまん

子供の頃はかっこいいアンパンマンに惹かれていましたが、歳を重ねるにつれてばいきんまんの方に好意をよせるようになりました。
まあ中尾隆聖さんだからなあ(確信)。
ばいきんまんが生まれた理由はアンパンマンを倒すこと。ただそれだけなのです。
ばいきんまんの、正義のヒーローに対し欲望の塊のようなキャラクターは、物語のバランスを保つために作られたそうですよ。
アンパンマンをなぜ倒さなければならないかという具体的な理由があるわけではなく、光と闇の関係と同じく正義に反するのがばいきんまんなのです。

あるエピソードの中に、アンパンマンを倒した夢を見たあと「アンパンマンを倒したそれからはどうすればいい」と項垂れるシーンがあります。ちょっと切なくて可愛いですね。
アンパンマンを倒すため日々トレーニングや兵器開発に情熱を注ぐ姿は惚れますし、ちょっと間抜けなところも可愛い。
あと変装が下手。
時にはアンパンマンに助けられることもあるし助けたりもする。
でも次の日からはまた敵対関係。
なんだかおかしい関係ですがアンパンマンを倒すのが生き甲斐なのです。

オススメアニメ

アンパンマンばいきんまんが仲良く行動しているのが観たいのなら、知育ビデオがオススメです。
幼児向けアニメなのですが、2人がめっちゃ仲良い。
ただ単に和みます。

あとやはり外せないのが劇場版ですね。
近年のゲストキャラは子供らしい…悪くいえば自分の事を第一とする子が多いのですが、複数の作品にその子がアンパンマン「なぜ他人のために戦うのか」を質問するシーンが挿入されてます。
アンパンマンさんかっけえ」となりますので、ぜひ観てください。
あとオープニングはアンパンマンマーチにのせて、ばいきんまんを撃退するシーンがお決まりなのですが、作画スタッフ力入れすぎて作画ヲタ向けの素晴らしいアニメーションを見せてくれています。
「作画スタッフさんかっけえ」となりますので、ぜひ観てください。
劇場版の中で特に好きなのが「よみがえれバナナ島」です。
ストーリー全体も好きですし、何よりばいきんまんがカッコイイのです。
ばいきんまんさんかっけえ」となりますので、ぜひ観てください。

まとめ

アンパンマンはいいぞ。
長々アンパンマンばいきんまんを語ってきましたが、実はツンデレヒーローのカレーパンマンが私の嫁だったりします。
詐欺だこれ。